2016年ミュージアム始め

新年2日、京都市美術館に閉会間際の「レンブラントとフェルメール」展を見に行きました。日本で人気のふたりのオランダ人画家の名前がついてはいますが、実質、17世紀におけるオランダ絵画に特徴的なモチーフを扱った作品を集めた展覧会です。風景、海洋、静物、肖像、風俗…と小分けになってて、かつそれぞれのセクションにこれといった作品が出てないので、全体的に薄い印象。一方で、なるほど、地味に裕福なオランダ市民社会のイメージをつかむことができるのもでもありました。

お目当はもちろん、展覧会名に出ているふたりの画家の作品ではあったのですが、会場でもっとも心を惹かれたのは、レンブラントの夭折した弟子であるファブリティウスの自画像。これが眺めていたくなるなかなかのイケメン。ポストカードだけでなく、マグネットまで購入してしまいました。
心をふるわせる美しいものに、今年もたくさん出会えますように。

カレル・ファブリティウス



 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL