バラックがチェルシーの偉大な選手トップ100の11位に



「チェルシーマガジン」の創刊100号を記念し、9月頃にチェルシーの公式Webサイトおよびtwitterなどを経由して、「チェルシーの偉大な選手トップ100(Chelsea's Greatest Players Top100)」のファン投票が行われました。
こちらの結果が「チェルシーマガジン」誌上で発表され、なんとバラックが11位に!正直、これにはバラックファンの私も驚きました。が、バラックはチェルシーファンから愛されているなぁ、とあらためて幸せな気分になりました。

20位以上の選手のみ紹介のコメントがついているのですが、バラックについた文章は次のようなもの。

11位 ミヒャエル・バラック
ミッドフィールダー 2006-2010 140+27試合、26ゴール

攻守にわたる資質、いうまでもない戦術眼、これが彼をその時代の偉大なミッドフィールダーのひとりとした。バラックは07/08シーズンの終盤にチームの活力となり、また2010年のダブルにおいては中盤における必須の選手だった。

バラック以外の順位ですが、もちろん1位はドログバ、2位がランパードで、3位がゾラ。以下、ジョン・テリー、ピーター・オズグッド、ツェフ、チャーリー・クック、デニス・ワイズ、ケリー・ディクソン、ジミー・グリーヴズ。現役チェルシー選手としては、この後15位にマタ(!)、16位にアシュリー・コールが入ってます。

ちなみに私の票ですが、最後までドログバと悩んだあげく(というか、正直、ドログバしか頭に浮かばなかったのですが)、ドログバは私が入れなくてもみんなが入れてくれるからと、バラックに1票入れました。きっと、わたしと同じように思ったバラックびいきのチェルシーファンが、世界中にたくさんいたのでしょう。やったな、バラックファン(笑)


なお、「チェルシーマガジン」はバックナンバーも含め、チェルシー公式サイトのWebショップ内"Publication"より購入可能です(アジアメガストアでの販売はありません)。

バラックがすっきりしない印象を残したまま引退したことに、私がそれほど辛さを覚えずにいられるのは、バラックがチェルシーを退団したときが、私にとって の彼との決定的な「お別れ」であり、彼がCLでスタンフォードブリッジに戻ってきたことが、私にとっての彼の「引退試合」だったからだろうと思っていま す。ひとりの偉大な選手としては「中途半端」な感じを残して終わったかもしれないけれど、ひとりのチェルシーの選手としては素晴らしい結末を迎えた。これ はバラックファンとして嬉しいし、チェルシーファンとしても誇らしい。メディアがどう描こうが、チェルシーファンに愛された選手としてチェルシーの歴史に 残るなら、それで私は満足です。

 
コメント

バラックが11位!すごーい、めちゃくちゃ嬉しいです!
てか、こんなファン投票をやっていたなんて、知りませんでした(苦笑)

CLでスタンフォードブリッジに戻ってきた時、バラックが交代で下がる時にサポーターからスタンディングオベーションを受けてましたよね。
あれを見て、バラックはチェルシーサポーターから本当に愛されてるんだなぁって思って、試合を見ながらすごく幸せな気持ちになりました。試合後にチェルシー選手達とハグしている姿も良かったですよね!

引退してしまって寂しいですけど、こうしてチェルシーサポーターの記憶に残る選手でいてくれる事が本当に嬉しいです。オカジさんのこの記事を読んで、ほんわか暖かい気持ちになりました(*^▽^*)

  • 2012/11/19 19:44
トラックバック
この記事のトラックバックURL