シーズンオフつれづれ

いつもならもう少し静かなはずの狭間の年のシーズンオフ、ところが今年は、女子WM、コパアメリカと面白い試合が多く(中継してくれたNHKありがとう!)、結果的にサッカー浸りの毎日になっています。
女子WMのなでしこの優勝については本当に驚きました。グループリーグのイングランド戦では相手にまるで歯が立ってなかったように思えたので、「ここが壁か?」と思ったら、次のドイツ戦になんと勝利。ドイツは大会最初からコンディションが悪かったんだとは思いましたけれど、日本戦に関しては、ナイト監督の消極的な采配が、敗因のひとつのように思いました。なんで後半押せ押せの場面で攻撃のカードを切らなかったんでしょうね、監督は。日本は、決勝のアメリカ戦でもそうでしたけれど、とにかく強い相手に押し込まれても、とにかく身体張って守りきる!そして、試合の流れの中できっと出てくるはずのチャンスを活かす!というのが徹底されていたように思いました。選手全員が、自分たちが相手に勝つ方法を知っていたようで、リードされても焦らない、きっと追いつける(追い越せる)と信じて戦っていたのが素晴らしいと思いました。おめでとう、なでしこ。すごいわ、ニホンジョシ。
大会を通じてもっとも心を引かれたのは、アメリカチーム。とにかく強くて格好いい(おまけに美人さんが多い)。とんでもない展開をみせたブラジル戦は、わたしが見た中での今大会のベストゲーム。またGood loserであったところも素晴らしいと思いました。本当に強いやつらは、負けてもまた誇り高く顔を上げているなと。
大会中、唯一残念だったのは、何人かの審判のレベルでした。男性審判でももちろんミスジャッジはあるんですけれども、せっかくの選手がガチンコで戦っているのに、それに水をさすようなお粗末なレフェリングの試合もあったように記憶しています。せっかく女子の最高レベルの試合なんですから、それに敬意を表して、トップの審判を用意してほしかったように思いましたし、審判は女子にこだわる必要はなかったと思いました。

女子WMが終わったので、ここからはコパに集中。ウルグアイとチリ応援で入った大会ですが、チリがベスト8で敗退。ブラジルもアルゼンチンも消えたので、ウルグアイの優勝がいよいよ近づいてきたか?と、あとはこちらの応援に全力投球です。



コメント

ご無沙汰しております。

女子WM、審判は別に男子でもよいのに、と私ら夫婦も話しておりました。とくに、アジアからの審判にお一人は、地元新聞に徹底的に批判されていました。試合はわたしもみてましたけど、ミスジャッジ、そして、選手の抗議に薄ら笑い。。。

ドイツは監督とPrinzとの間に確執があったようで、敗戦後、監督辞任せよ、との声も強かったです。彼女のPrinzへの対応は、正しくないと思いました。

  • 虎ママ
  • 2011/07/21 17:19

>虎ママさん
こんにちは!コメントありがとうございます。

虎ママさんがおっしゃっているのは、アメリカ対ブラジルの審判でしたっけ…あれも酷かったと記憶しています。ドイツ対日本の審判もヒドかった…日本がフェアプレー賞とれたのは、あの審判のおかげではないかと思ったりなんかしています^^;欧州勢敗退のおかげで、決勝をシュタインハウス主審の笛でプレーできたことは、日本とアメリカにとって幸福なことだったかもしれません。
Neid監督とPrinz…大会中からずっと騒動になってましたよね(個人的には、それとバラック問題が比較して語られることに辟易していたのですが…)。内容と結果のことだけを考えても、私も監督は辞任するんじゃないかと思ったのですが、あれは協会側が止めたのでしょうか…なんともあいまいな結末です。

  • オカジ
  • 2011/07/23 09:10
トラックバック
この記事のトラックバックURL