バラックがチェルシーの偉大な選手トップ100の11位に



「チェルシーマガジン」の創刊100号を記念し、9月頃にチェルシーの公式Webサイトおよびtwitterなどを経由して、「チェルシーの偉大な選手トップ100(Chelsea's Greatest Players Top100)」のファン投票が行われました。
こちらの結果が「チェルシーマガジン」誌上で発表され、なんとバラックが11位に!正直、これにはバラックファンの私も驚きました。が、バラックはチェルシーファンから愛されているなぁ、とあらためて幸せな気分になりました。

20位以上の選手のみ紹介のコメントがついているのですが、バラックについた文章は次のようなもの。

11位 ミヒャエル・バラック
ミッドフィールダー 2006-2010 140+27試合、26ゴール

攻守にわたる資質、いうまでもない戦術眼、これが彼をその時代の偉大なミッドフィールダーのひとりとした。バラックは07/08シーズンの終盤にチームの活力となり、また2010年のダブルにおいては中盤における必須の選手だった。

バラック以外の順位ですが、もちろん1位はドログバ、2位がランパードで、3位がゾラ。以下、ジョン・テリー、ピーター・オズグッド、ツェフ、チャーリー・クック、デニス・ワイズ、ケリー・ディクソン、ジミー・グリーヴズ。現役チェルシー選手としては、この後15位にマタ(!)、16位にアシュリー・コールが入ってます。

ちなみに私の票ですが、最後までドログバと悩んだあげく(というか、正直、ドログバしか頭に浮かばなかったのですが)、ドログバは私が入れなくてもみんなが入れてくれるからと、バラックに1票入れました。きっと、わたしと同じように思ったバラックびいきのチェルシーファンが、世界中にたくさんいたのでしょう。やったな、バラックファン(笑)


なお、「チェルシーマガジン」はバックナンバーも含め、チェルシー公式サイトのWebショップ内"Publication"より購入可能です(アジアメガストアでの販売はありません)。

続きを読む >>

バラックインタビュー「コーチングライセンスは取りますよ」

バラック、引退後の初インタビュー?を読んでみました。

バラックのインタビューはここにアップしたもの、してないものを含め、2006年シーズン以降のものはわりとがんばって読んだつもりです。チャレンジし始めたころは、自分のドイツ語の語彙も少なければ、カンも悪くて、かなり苦労をしたのを覚えています。
バラックの記事を読み始めたころ、確か06年の代表チームを紹介した雑誌かなにかで、バラックのことを「接続法を使って話す選手」と書いたものがありました(接続法は英語の仮定法みたいなものです)。他の選手のドイツ語のインタビューをそれほど読んだり、聞いたりしていないので、比較したわけではないのですが、確かに、バラックの発言には「接続法」が多い。つまり、非現実の仮定をしながら、「そうだったらいいんだけれどね」と、婉曲的に自分の想いを述べている言い方が多い。そして私が読み違えるので、現実のことなのか、それとも仮定の話なのか分からなくなることが多い。いまだもって自分ではマトモに使えないこの「接続法」ですが、この数年で、少しは嫌がらずに読もうという気になった気がします(少しは…)。バラックにありがとうと言えることがあるとすれば、この「接続法」も含め、わたしのドイツ語力を少しでも鍛えてくれたこと……これを外すことはできません。ありがとう、バラック。これからは、もっともっと言いたいことが言える立場なの、これからのいいたい放題に、ますます期待したいと思います。


続きを読む >>

バラックが現役を引退

CLのノアシェラン戦のために仮眠していたのに、どういうわけだかふと目が覚めたのが昨夜の25時頃。半自動的にiPhoneからツイッターのタイムラインをのぞいて、バラックの引退表明を知りました。

この2年、チェルシー時代と比べての、本人のプレー時間、レヴァークーゼンの試合数、そしてTV放送枠のが少なかったこともあり、「バラックがいない」という状態に慣れていたこと、それと同時に「引退」の覚悟はとおにしていたこともあり、さほどのショックはないというのが正直なところです。
でも、だからといって「ありがとう、おつかれさま」なんてことばも出てこない。
「ありがとう」が出てこないのは、彼のファンとして楽しいことより苦しいことの方が多かったせいかもしれない。「おつかれさま」を言おうにも、本当はもっとプレーしたかったんじゃないだろうかと考えると辛くて言えない。じゃあ、今、引退した直後の選手のいちファンとして彼に何を言えるのか……何をいっても嘘になるので、今は口をつぐんでおこうと思います。ま、何かことばにして、昨日までと今日からに区切りをつけることを、わたしが怖がっているだけなのかもしれません。

ただ、それでも言えることがあるとすれば。まだ36歳。プロ選手としてのキャリアはここまでだけれども、ここからまだまだ人生は、それもおそらくサッカー人としての人生は続いていくわけだから。これからのキャリアにも、たくさんの(できれば現役選手時代以上の)幸運がありますように!それだけを、これまでと同様に心から祈っています。

Viel Glueck und Alles Gute, Michael Ballack.





バラックがユーロでのESPNのコメンテーターに

Fuer die EM: Michael Ballack wird ESPN-Experte | Bayer 04 Leverkusen | EXPRESS

バラックがユーロの期間、アメリカのスポーツ専門局ESPNの解説者を務めることに決まったそうです。少し前から話題には出ていたのですが、何かしら「はたらいてる」バラックを見たい身としては、決まって嬉しい!…まぁ日本からチェックするのはなかなか難しいかもしれませんけれど。
また、このユーロの仕事が入ったことで、ユーロ開催期間がレギュラーシーズン中となるるMLSへの、今シーズン途中での移籍という話はなくなったことになると思います。それにもちょっとほっとしたかな。

それにしても、前回ドイツの放送局で代表戦の解説やったときは「イマイチ」だったそうなバラックですが、アメリカで成長した姿を見せてくれるのかどうか…いやぁ、怖いもの見たさに近い感覚ではありますが、楽しみです(いや、日本から見るのは難しいわけですが)。

最後の日まで楽しもう

レヴァークーゼン1-3バルサ(CL決勝ラウンド1回戦1stレグ)

結果は大方の予想通りだったのかもしれませんけれど、選手のプレーに暗くなることはありませんでした。カドレツの同点のヘッドには大声あげましたし、カストロのポストに当たった惜しいシュート!…失点してからは必死でくらいついていこうと攻めて攻めていったところは、恰好よかったし、応援した甲斐もあったと思ってます。バルサ相手に守りきるのが難しいのは誰もが知っているところ、攻撃しなきゃいけないとなると、なおさら両方に手が回らなくなるというのも分かっているところ。チェルシーファンだからかもしれませんが、選手はよくやったと思います。ただ3点目は取られてはいけなかったし、そこからうしろの采配にはもう…ということで、後味悪く終わったことは残念です。
アウェーゴール3つくらい、しかも2点差(相手はバルサ)と、とんでもなく厳しい状態ではありますけれど、ここから監督がどのようにプランを描くのか、選手は勝つために戦えるのか、ファンがそれを信じてチームを応援できるのか…それぞれ現実的な課題をもって第2戦に入ることになりそうです。

"Nicht schoen fuer einen Spieler": Ballack bricht Schweigen nach Holzhaeuser-Kritik | RP ONLINE

バルサ戦直前の練習中にふくらはぎの筋損傷で3〜4週間の離脱となったバラック。ホルツホイザーの「プロジェクト・バラックは失敗だった」発言以降、またもやメディアに口を閉ざす状態だったのですが、昨日の試合の際にか、skyのインタビューに応えたということです。
以下はRPからの拾い読み。
「あのような発言(「プロジェクト・バラックは失敗だった」)が出るのは、いち選手にとって喜ばしことではありません」
「簡単なことではありませんが、わたしは今後も力を入れて、最後の日まで楽しめるようにします。これは、ファンに対するわたしの責任でもあります」

フェラーが、バルサ戦では監督はスタメン起用しようと思っていたと発言してたそうなのですが、それについては、「ここ3試合プレーしてなかったから、自分が出られていたかどうかはわかりません」とのこと。ただ、出たかった…それだけだよね。

怪我の状態については、それほど悪くないので2週間で戻りたい…と言っているようです。ムリはしてほしくないけれど、早くプレーしているところは見たいなと思います。